為替の教室

Home
 

オススメのページへ

流れ と為替 の水準
FX の駆け出しの方
ポートフォリオ と資産キープ
外為証拠金取引 と元本
取引き ルール を見直し


キーワード

外為法

カレンシー

日計り(デイ・トレー=DayTrade)

コスト

パラボリック

評価損(含み損)


−今日のFX用語−
コンファーム
「コンファーム」とは、為替取引で取引内容を確認、または、確定することをいいます。


オススメです!
http://sirius-web.com/worldfx/xm/xm-japan.html

投資配分 と資産保持

2カレンシー を対照する 場合、相対的な需要 を探求 するのが肝心 ですから、ファンダメンタル分析が効果的 なのです。 根本的に テクニカルトレーダー はファンダメンタルに着眼点 を置きませんから、自分の型 に基づいて注文 していくだけだから わりに 安心です。

手法 や戦略 を間違えれば、一瞬で元金 と利益 がなくなってしまうという危険 もありますから難しい んですけれどもね。 FX ではテクニカル分析による予見 が当てはまります。いっぱい の投資家 がチャートを見ながら取り引き をするので、集団心理が働くのです。 テクニカルとファンダメンタルズ分析の両方にアタック してレート の傾向 を総合的に種々の 視点から観測するようにするのを理想 としてください。


資産構成 と資産保有

収益 、損失 を出したらその理由を明確にし、次回のトレード から活かしていきたいですね。 根本的に 、為替レートが上昇する要素 は、ほとんどの場合 景気が良く金利が上がることが理由付け となります。

逆張りは経験とスキル が付くまではマイナス の広がり が怖い だから 、ビギナー は回避する ほうが無難です。 また 、会社 選定 のチェック ポイントは、スプレッドのコスト が最低限 ということなのでしょう 。

レート の推移 が大きいときも小さいときも、なるべく 利益 を得られるような方策 を立てます。 マージンコールやロスカットルールは辛い ですが、トレーダー の元本 がゼロになるのを避ける 仕組みと考えればOK です。


 
© Copyright