為替の教室

Home
 

オススメのページへ

FX でトレーダー になろう
カレンシー の種類
FX のテクニック
FX の資産構成
FX で留意 すること


キーワード

カレンシー

横ばい

評価損(含み損)

Bear

ロスカット

国際金融公社


−今日のFX用語−
サポートライン
「サポートライン」とは、為替レートがそれ以下には下がりにくいだろうと市場参加者の多くが認識している価格帯のことです。下値支持線ともいいます。


オススメです!
XM口座

投資期間 ときっかけ

要は 、為替レートが上昇する要素 は、たいていの場合 景気が良く金利が上がることが要因 となります。 中期投資の特徴 は、短期と対比する とわりに 市場 の流れ が明確になるということですから、駆け出しの方 にもやりやすいですね。

中長期的なトレンド さえ測定 することができれば、ファンダメンタルズ分析に挑戦 するのは賢明 といえます。 たいていの場合 、FX のトレード ではマイナス が出たときに冷静さを確実に キープすることは非常に 重要 なのです。 経済指標が市場予測に比べて予想外 だった場合は為替 の動きの予測は難しい ということになるので、ファンダメンタルズ分析だけで間違いなく 当てることは難しい ということなのです。


ポートフォリオ と資産保持

スイングトレードのつぼ は、周期のある為替 のサイクルを留意 し憶測 して稼ぐ ことです。 ドル円(USD/JPY)は日本では最も 取り引き されている代表的 なカレンシー ペアですので、FX のビギナー でもわりと トレンド を読みやすいです。

経済指標が市場予測に比べて予想外 だった場合は相場 の動きの予測は困難な ということになるので、ファンダメンタルズ分析だけで着実に 当てることは困難な ということなのです。 長期投資の要 は、チャート上の技術 ではなく、世界的な経済の局面 をいろいろな 立場 から分析するファンダメンタルズ分析が戦術 となります。 分散投資と言っても、状態 のよく分からない国のカレンシー は投資配分 に含めないで、むしろホントに 流れ を掴みやすいものに集中すべきかもしれません。


 
© Copyright